2006年11月22日

体罰。

今日ちらっとこんなニュースを見た。
<体罰>奈良の「熱血校長」小4男児に ご飯粗末にした

 奈良県三郷町の町立三郷北小学校で今月14日、給食のご飯を粗末に扱ったとして、岡本喜代治校長(59)が4年の男児の尻を強くたたいて転倒させるなどし、約1週間のけがを負わせていたことが分かった。岡本校長と同町教委は「行き過ぎた指導だった」として男児の家族に謝罪した。岡本校長は教育困難校の立て直しなどで実績があり、子どもと教師の心理についての著書も執筆。地元では「熱血校長」で知られている。
同町教委によると、男児の担任教師が13日、給食で茶わんに残った米を団子状にして天井に投げるのを目撃し、岡本校長に報告した。岡本校長は翌朝、登校してきた男児を校門前で見つけると、ほおをつかんで引き寄せ、尻を6〜8回たたいた。男児は転倒し、足をすりむき、ほおにはつめ跡が残って血がにじんだという。男児はそのまま授業を受けたが、帰宅後、傷に気付いた家族が病院に連れて行き、全治1週間と診断された。岡本校長は同日夕、男児宅を訪れて謝罪。町教育長には15日朝、報告した。

なんだこのニュース?と思いましたね。全治一週間なんて大げさに書いてるけど、たんなる擦り傷程度の怪我です多分。茶わんに残った米を団子状にして天井に投げるなんて殴られて当たり前です。この親、校長に謝罪なんかさせて恥ずかしいと思わなかったのかと。逆にご指導ありがとうございましたって言ったっていいくらいです。親が食べ物のありがたみのわからない子供に育て上げて、それをこの校長が尻拭いしてあげているという図式にしか見えませんが。校長が謝罪することによって、この子が「僕はわるくないんだ」と潜在的に感じてしまうのも心配です。
少し古いですが、こういう親には「いいかげん目覚めなさい。」と言ってあげたい。

話はコロっと変わりますが、任天堂のwiiって楽しそう。下記のサイト見てたら、無性に欲しくなってきて。体動かせるからゲームで楽しみながらエクササイズできそうぢゃん。。って事で予約しちゃった。(=゚ω゚)ノ
http://wii.com/jp/wii-experience/
posted by Maa at 16:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

寝顔

育て方間違いで、布団でしか寝れなくなった犬です(=_=)
犬小屋にいれたら足に10円はげができるのこの人。
060919_1034〜0001.jpg
posted by Maa at 10:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

予想内の結果。

今日は暖かいねー。こう気温が上下すると風邪ひいてしましそう。これからどんどん寒くなるんだよなー。あ==寒いの嫌い。嫌いや。。
でも、寒いと空気が澄んで夜空がすごい綺麗にみえるんだよね。夜自転車をこいでる時、つい見上げてしまうんだけど、見とれてしまってハッとすることが幾度か。。気をつけないといつか何かにぶつかるなσ(^_^;)
さて、2週間前から始まったナンバーポータビリティー制度。携帯変えた人いますか?
僕はauユーザーなんだけど、あの「予想外割」が発表された時は一瞬揺れましたね。一瞬だけど。結局、システムトラブルは起こすし、あの0円表示も胡散臭さ爆発なので、過去のyahooBBの件や個人情報流出の事も思い出しながら、やっぱりソフトバンクってイマイチ信用ならねぃなぁと思ってます。
あの0円!話したい放題!みたいな広告で、リサーチ下手な人はみんなだまされるんじゃないかなぁと思ってたけど、結局ソフトバンクにとびつく人ってそんなにはいなかったみたいで、みんなちゃんと見てるんだなぁって思いました。ちなみに、発表された純増数は、ソフトバンクが2万3800件、ドコモは4万800件、そしてauはなんと、35万2600件。まあ予想通りですが。この35万のうちの10万強もの人がソフトバンクやドコモからの転入だそうです。なんでこんな結果になるのかというと、ドコモやソフBの偉いさん達、よく聞いとけぃ。(まーだれもここ見てないだろうけど)
答えは簡単。つながりやすいから。ヽ(´ー`)ノ
電話かけたら、つながって話ができる。メールを送ったらすぐ届く。これが携帯の基本でしょ。
予想外割とか、0円とか、いくら安くったってつながんなきゃ意味がない。知り合いのソフトバンク携帯にメールを送ったら、届いたのが何十分も後だったって事がとーっても多い。
ドコモも、特にFOMAは電波が悪いみたい。で、これには理由もあって、FOMAは電波の届きにくい1.9GHz帯しか使えないのに対し、auは800MHzも使えるから、電波カバー率はずば抜けて良いそうです。わかりやすくお金で例えると、ドコモの電波は銀行にいかなくちゃおろせないけど、auはATMでもおろせちゃう、という感じ。じゃあauずるいじゃないか、と言いたくなるけど、実はこれはドコモが自業自得で作り出した弊害。ま、詳しく知りたい人は自分で調べてくださーい。書くととてもながくなーる。
ipodとセットにしたり、2人に1人はドコモだーぃとか言ってるのも良いけど、とりあえずまずはつながりやすくしてよ?

余談。こんな事いうとドコモで働いている人は気を悪くするかもしんないけど、ドコモの販売店って絶対接客がなってないと思うんですね。販売店のねーちゃん達は茶髪でぐりんぐりんにパーマあててたりするし、店に客がいないと窓口でどうどうと化粧直ししてるようなヤツもいた。カッコつけたにーちゃん達も、プライドが服を着たみたいなあほが多い。もちろんちゃんとした人もいるんでしょうが、auの販売店では見かけた事がない人種が多数います。なんかドコモは基本が置き去られてる気がしますよ。出してる機種はいいのあるのになー。
posted by Maa at 15:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

しゃっほー

先週ipodシャッフルを買いました。ipodのものすげい小さいやつです。画面がなくて、再生は頭から順番にか(skip、rewindはできる)、ランダムのみ選べる、の2つに限定されているから、どんなもんかなぁと思っていたけど、使ってみるとこれで十分。最近は画面で曲を選択するのは当たり前になってるけど、昔MDウォークマンの時なんかは、聞かない曲が来たら早送りでとばしてたか、ランダム再生してたもんねぇ。そんな昨日うんぬんより、クリップになっててどこにでもはさめて、たって15gだから全く邪魔んなんない。1GBで240曲も入るから一週間ごとに曲を入れ替えればいいし。値段はなんと9800円。おすすめですぜ('∀`)


indexsleeveguy20060912.jpg
posted by Maa at 16:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

ごぶさたさせすぎております。。

気付けば約3ヶ月もたっておりました。。楽しみにしてくれてたみんなには、大変お待たせしまして申し訳ないと思っております。8月末に個人的にいろいろ忙しくって、なかなか落ち着けなかったわけですが、今日からまたつらつらと書こうと思ってるので、お暇な時には覗いてもらえれるとうれしいです。
さて、日記を書いていない間にも世間では核実験やら安倍政権やら竹内結子の離婚問題やらと、いろいろと事件やニュースが飛び交っていたけれど、その中でも学生さんの「いじめによる自殺」の問題が最近とっても気になっています。
このインターネットやら、携帯電話やらで、世の中が右へならう事がたやすくなってしまった時代と、その昔を比べる事はできない部分もあるでしょうが、僕らの学生時代にもいじめなんてざらにありました。僕自身、今思うといじめていた事もある気がするし、いじめられていた事もありました。そういえば、休憩時間から戻るとランドセルがカッターでズタズタに切られてるみたいな事もあったなぁσ(^_^;)。
そして、いじめられている人を傍観してた事もあって、その中でも一番記憶に残ってる出来事があって、中学校だったかな?放課後の掃除の時に、音楽室でA君が黒板の前に立たされて、それを的にみんなでひとりづつほうきを投げつけている場面があって。で、腕にあたったり、足にあたったりする度にA君は痛みながらも笑顔でごまかすんですね。そして、ある子の投げつけたほうきがA君の額に命中してしまった時、おでこから鮮血が3,4メートルも吹き出て教室全体が血で染まってしまって、その場にいた全員が凍りついて、女の子は全員泣き出すし、投げた本人が一番青くなってるのは当然で、もう大変な騒ぎになりました。
いじめはきっと、人の性のようなものでもあって、社会の縮図のようなものでもあって、いつの時代にも違った形で存在するもののような気がします。
じゃあ何が違うのかって、人が自分の責任をなすったり、自覚すらしてないっていうのが今の状態を生み出しているんじゃないかなぁなんて思っています。
いじめている人間はもちろんですが、まず学校。学校あげての責任回避の習性の異常さ。それから教師。師という文字を付けて歩いてる責任の希薄さ。それから、賛否両論あるでしょうが、自殺する本人の弱さもやはりある気がします。そして学校や、教師だけじゃなくて親の責任もかならずあると思います。
例えば、我が子がいじめられているとわかったから、学校に出向き教師に改善を求める。でもこれでいいのかな、と。過保護が子供の本来身に付けていくべき強さを奪っていく事もあります。貧しい国の子供たちを見ていると、幼い時期から人は生きていく強さを自然に身に付けていけるものだと思っていて、それを阻害するのは本人ではなくて他人でしかないような気がします。その中で親の存在の大きさはとても大きいのではないでしょうか。
親の子供への虐待が比例するように多くなっている気がするのは、この問題と全く関係がないとは言えないと感じます。
学校、教師、被害者、加害者、もっと言えば地域コミュニティーもだろうし、そのすべての部分に様々な問題があるのでしょうが、書き出すとキリがないので、その中でも僕が個人的に一番憂慮している部分は、親や世間が何事も学校、加害者に対して責任を見出しすぎてやしないかという事。もちろんすべてがそうとは思ってませんし、これは個人的な思いです。
苦労は買ってでもしろというのは、古くさい言葉ですが、大事な教えだと思います。保護者は、欲しがるものを買ってあげるのもいいですが、子供の事をしっかり理解する努力をして、持たせられる大きさの責任、苦労は、どっかから買ってでも子供自身に持たせてあげるのが、この問題を解決へと導くある一つの歩なのかもしれないと思っています。

(今、うちの前で車と車がぶつかってすごい人だかりになってますよ(-o-;)けが人はいないみたいですが。。皆さん気をつけてくださいね)
posted by Maa at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ごぶさたさせすぎております。。

気付けば約3ヶ月もたっておりました。。楽しみにしてくれてたみんなには、大変お待たせしまして申し訳ないと思っております。8月末に個人的にいろいろ忙しくって、なかなか落ち着けなかったわけですが、今日からまたつらつらと書こうと思ってるので、お暇な時には覗いてもらえれるとうれしいです。
さて、日記を書いていない間にも世間では核実験やら安倍政権やら竹内結子の離婚問題やらと、いろいろと事件やニュースが飛び交っていたけれど、その中でも学生さんの「いじめによる自殺」の問題が最近とっても気になっています。
このインターネットやら、携帯電話やらで、世の中が右へならう事がたやすくなってしまった時代と、その昔を比べる事はできない部分もあるでしょうが、僕らの学生時代にもいじめなんてざらにありました。僕自身、今思うといじめていた事もある気がするし、いじめられていた事もありました。そういえば、休憩時間から戻るとランドセルがカッターでズタズタに切られてるみたいな事もあったなぁσ(^_^;)。
そして、いじめられている人を傍観してた事もあって、その中でも一番記憶に残ってる出来事があって、中学校だったかな?放課後の掃除の時に、音楽室でA君が黒板の前に立たされて、それを的にみんなでひとりづつほうきを投げつけている場面があって。で、腕にあたったり、足にあたったりする度にA君は痛みながらも笑顔でごまかすんですね。そして、ある子の投げつけたほうきがA君の額に命中してしまった時、おでこから鮮血が3,4メートルも吹き出て教室全体が血で染まってしまって、その場にいた全員が凍りついて、女の子は全員泣き出すし、投げた本人が一番青くなってるのは当然で、もう大変な騒ぎになりました。
いじめはきっと、人の性のようなものでもあって、社会の縮図のようなものでもあって、いつの時代にも違った形で存在するもののような気がします。
じゃあ何が違うのかって、人が自分の責任をなすったり、自覚すらしてないっていうのが今の状態を生み出しているんじゃないかなぁなんて思っています。
いじめている人間はもちろんですが、まず学校。学校あげての責任回避の習性の異常さ。それから教師。師という文字を付けて歩いてる責任の希薄さ。それから、賛否両論あるでしょうが、自殺する本人の弱さもやはりある気がします。そして学校や、教師だけじゃなくて親の責任もかならずあると思います。
例えば、我が子がいじめられているとわかったから、学校に出向き教師に改善を求める。でもこれでいいのかな、と。過保護が子供の本来身に付けていくべき強さを奪っていく事もあります。貧しい国の子供たちを見ていると、幼い時期から人は生きていく強さを自然に身に付けていけるものだと思っていて、それを阻害するのは本人ではなくて他人でしかないような気がします。その中で親の存在の大きさはとても大きいのではないでしょうか。
親の子供への虐待が比例するように多くなっている気がするのは、この問題と全く関係がないとは言えないと感じます。
学校、教師、被害者、加害者、もっと言えば地域コミュニティーもだろうし、そのすべての部分に様々な問題があるのでしょうが、書き出すとキリがないので、その中でも僕が個人的に一番憂慮している部分は、親や世間が何事も学校、加害者に対して責任を見出しすぎてやしないかという事。もちろんすべてがそうとは思ってませんし、これは個人的な思いです。
苦労は買ってでもしろというのは、古くさい言葉ですが、大事な教えだと思います。保護者は、欲しがるものを買ってあげるのもいいですが、子供の事をしっかり理解する努力をして、持たせられる大きさの責任、苦労は、どっかから買ってでも子供自身に持たせてあげるのが、この問題を解決へと導くある一つの歩なのかもしれないと思っています。

(今、うちの前で車と車がぶつかってすごい人だかりになってますよ(-o-;)けが人はいないみたいですが。。皆さん気をつけてくださいね)
posted by Maa at 15:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。