2007年01月11日

企業の体質

紅白のOZMAボディースーツ問題ですが、昨日OZMA側がNHKに謝罪する文書を提出したそうです。
ほんっとにNHKは知らなかったのかねぇ。なんかねぇー、信用できないよねぇ。
理由はいろいろあって、
・あれだけOZMAはとんでもない事をやるといっていたのに、NHK曰く「知らなかった」。
・生放送なんだから普通何重にもトラブルへの対処法を用意しているはずなのに、NHK曰く「知らなかった」。
・あれだけの数のボディースーツ、まさか全員が服の下に着たまま会場入りしたわけではないだろうから、搬入の時に気付きそうなもんである。(容認してなければ)
・放送中のアナウンサーの謝罪の仕方は、明らかに慌てていない。
・今頃になってからの謝罪。NHKとOZMA事務所側でなんらかのやりとりがあったと考えるのが普通。
・ここ最近まで問題だらけだったNHK。
などなど、看板生放送なんだからもっと厳重にやるんじゃないのかねぇと勘ぐってしまうんですが。
まぁ、個人的にはこの問題はどうでもいいんだけれど、受信料を強制徴収とかって方向に向かってんのはどうかと。信用がないから不払いも増えるんだから、「金を絶対払え」って言う前に、まず己の汚れをきちんととってからでしょ。
信用できない企業に払うお金などありませんよ。(´-ω-`)
あと天下の(だった)ソニーも最近どうかしてます。
・去年11月にプレイステーション3ってゲーム機が発売されたんですが、そのコントローラーがエミー賞に選ばれたって公式のHPで発表されていたんですが、それが嘘だった。
・発売するまでは、前の機種のソフトが全部楽しめると言っていたのが、発売日になって、画像、音声の不具合があるソフトが少なくとも200もあると発表。
・発売予定のソフトも発売後、次々と中止。
・発売日も決まってないソフトを本体のCMに使う。
・プレイステーション2のコントローラーの振動技術が特許侵害で海外で裁判中。逆ギレして対抗してるけど、他の企業は特許料支払ってるから、どうみても特許侵害っぽい。負ける様相。この為、PS3には振動ついてません。んで負けた場合、1億台ほど出荷したPS2分の特許料やら、販売差し止めやら、慰謝料やらと相当の損失が出るんじゃないかと。
・ソニー製電池が発火のおそれでリコール。その数960万。かかる費用は510億円。
・ヒップホップミュージシャンを装ってサイトを立ち上げsony製品をベタ褒め、ばれてsonyが謝罪。
などなど、まだまだあるんだけど、書ききれないほどの悪行三昧。昔sonyだったら安心、みたいなとこがあったのに、今はsony製品見ると大丈夫かなと思ってしまいます。
他にも記憶に新しいパロマの湯沸かし器の事件も、死者がでていても尚、大問題になるまで告知しなかったという隠蔽体質。
企業って大きくなればなるほど、問題もたくさんでてくるし、統括するのも大変なんでしょうが、だからこそ誠実に正直にモノ作りをしてもらいたいと思いますね。嘘はいつかばれるもんですよ、ホントに。
posted by Maa at 10:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
DJ:OZMAのアレは私大ウケでしたが(笑) それより北島サブちゃんが途中参加したことには何も触れてないことの方が気になりますよ〜(笑)
今週久しぶりにバナナホールへ知り合いのライブ観に行きました♪ミ☆モ☆ラがまた対バンで出てて凄かったです(笑)
Posted by ゆみ at 2007年01月13日 01:26
おもしろいだろうと思ってやらせたけど、抗議来たからゴメンナサイじゃないですかね。ホントに知らなくてまずいと思ったなら客席なり審査員席なり舞台袖の司会者なり、ほかを撮って裸スーツを流さないようにすることが可能だったと思います。国民がスポンサーだというプレッシャーが足りないんでしょう。自分はNHK解約した身なのであまり大きな声では言えませんが。。。
ざーっと見た中では徳永英明が良かったです。OZMAなんていらないから歌で勝負できる人を出してほしいものです。
Posted by SMILY at 2007年01月13日 19:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。