2006年05月27日

おまえかよ

昔は目覚まし時計というものが鳴っても、全く聞こえず寝過ごしてしまうということもままあったんだけれど、最近は目覚まし時計が鳴らなくても、起きたい時間に自然に目が覚めるような気がします。
それでも、疲れが溜まっている時や寝不足の時なんかはやっぱり起きる自信がないので目覚ましを設定します。でも、時々目覚ましを合わせたにもかかわらず、寝過ごしている事があって、そういう時はよっぽど疲れていて聞こえなかったんだろうなぁ、なんて思っていました。
ところがこの間、私は見てしまったのです。
夕方、のどが渇いたので冷蔵庫から炭酸水をとり出してグビッと飲んでいると、目覚ましが鳴り出しました。
12目盛りのアナログ時計だから、朝5時に合わせてあったものが夕方5時にも鳴ってしまったという事だろう。やれやれと思っていると、押し入れから慌てて飛び出して来て、目覚まし時計の上にあるボタンをバンバン叩いてベルを止めて戻っていったヤツがいました。
オマエやったんかぃ、ゴラァ。
犯人はこいつです。↓

060527_0727〜0001.jpg
posted by Maa at 07:45| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

THE FROGMAN SHOW

今日は最近わたくしがイチオシしているアニメをご紹介しようと思います。
タイトルはTHE FROGMAN SHOW。ご存知ですか?きっと知らない人の方が多いでしょう。
このアニメ、全編Flashで制作されていてかなり独特なタッチです。
しかも内容がかなりシュールでブラックで危険です。
ですので子供の見れない26:40〜27:10という超深夜に放送されています。
毎週水曜、テレビ朝日(大阪では6chですね)ですから、今日の深夜に放送です。
オトナの人は一度見てみてください。
このアニメ好き嫌いがハッキリ分かれます。きっと。
以前「伝染るんです」という四コマ漫画があったけど、同じにおいがします。
下記HPで少し見る事もできます。今なら。
で、その中に菅井君と家族石ってアニメも見れるんですが、笑った後に転げるほど好きです(笑)
一度ご覧あれ。
6月にDVD出るらしいから買おかなとさえ思っておる次第です。
好きか、嫌いか、あなたはどっち?
た〜か〜の〜つ〜めぇ〜

http://www.kaeruotoko.com/
posted by Maa at 08:23| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

マクブク

キターーーーー(゜∀゜)(古っ)
いやいや、来ましたよ。Macbook。
CPUがPowerPCからintelに変わっているにも関わらず、今まで使用していたフォトショップやらイラストレーターやらフラッシュやらエクセルやらその他もろもろが全部そのまんま動いたのには驚かされました。画面めちゃめちゃ明るいし、バッテリー持ちもいいし、もちろんメモリを2GBも載せたからかキビキビ動くし、なによりデザインがピカイチです。
最近では久々に買って良かったなあというモノです。
2年ほどずっと使ってたpowerbookG4は今日sofmapへ下取りしてもらいました。
買い取り上限が64000円だったので、使用感もあるし40000円くらいになればいいかなと思っていると、「今日は20000円プラスします」という訳のわからない大盤振る舞いのキャンペーンのおかげでなんと79000円で引き取ってくれました。
実質Macbookは10万円で買えた事になりますねー。ラッキ。
ちなみにMacbookは12回払いで買いました。現金一括で買える財力はございません。

060523_2113〜0001.jpg
posted by Maa at 22:12| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

Code  -page3-

はぁ…。芳彦は体の中心のヘドロが気化したガスを吐き出して、立ち上がった。
 しとしと降り続く雨が街の早朝を5月の終わりに色づかせ、道ばたの所々に集まった水たまりは、曇った空を更に濁らせていた。
マンションの玄関を出てすぐ右側には自動販売機があり、いつも決まった缶コーヒーを買い、その場で半分ぐらいを飲んでから、駅に向かう。この辺りは閑静な市営の住宅地で、そこここに植えられている木々も見事に剪定されている。公園もたくさん作られていて、小さなものまで数に入れると8つもあるのだが、普段利用しているのはもっぱら老人や犬連れである。子供達はといえば階段に座ってカード片手になにやらやりあっていたりする。最近の子供達は頭ばかり良くなって、体の方がおろそかになっている。公園の側を通る度にいつもそんな事を思うのだが、そう思う度に年を感じる。そして、思ってからすぐしまったと苦虫を噛み潰す。
こんな雨の日も、そんな日課を消化していた。
芳彦の勤める大国町支社は、江坂のマンションから大阪市営地下鉄御堂筋線で一本である。その手前にあたる難波駅のナンバパークスビル29階に、JJSの本社が入っている。結局昨晩はあのまま寝付けず、日が昇り始めた頃には部屋を後にしていた事が功を奏して、ラッシュとは無縁の時間だ。もともとラッシュの時間帯でも、江坂から混み合う事は余りないのだが、それでも梅田を過ぎたあたりから車両内はぎゅうぎゅう詰めになってくる。あのなんとも言えない中年スーツ達の汗の匂いや加齢臭がとても苦手だった。昔はそれに加えて女性の香水の匂いも混ぜこぜになって、今にも吐きそうな日が何度かあったが、最近は女性専用車両なるもののおかげで多少はマシというものだ。
そんな事を思いながらガラガラの車両の一番端っこに座って、中吊りの芸能ニュースに目を通していた。
新大阪を過ぎ、次駅の西中島南方で停車した時、奇妙な男が乗り込んで来た。。
posted by Maa at 05:20| Comment(3) | TrackBack(0) | Code [不定期連載小説] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

Macbook

昨日予告通り、雨の中アップルストア心斎橋に行ってMacbookを見て参りました。
ジムで少し汗を流してから向かったので、18時くらいだったかなぁ。
ストアに入ってすぐに展示機が6台ならんでいたので、早速文字を打ってみる。あかさたなはまやらわん…。あ。なんかいい感じやんか。。ほ〜画面は横長のツルテカなのね。
おもむろに画面を閉じて持ってみる。軽くはないけど、重くもない。それより黒い艶消しの筐体は、今までのMacで最高のデザインだと個人的に思っているpowerbookG3 wallstreetあたりを彷彿とさせるものがある。。反則やでこれ。。良すぎるんやないかコレ。とか思っている所に店員さんが寄って来て、
「今なら在庫ありますよ。」
え、マジで?買おうかしら。
「黒はすぐに売り切れてしまいましたけど白でしたら後少し。」
おい、ゴラァ白かい。期待させんぢゃねーよ。あったら買ってるとこだろぉがぁ。←混乱気味
あ〜そうかい。別にええ。買う気なんてさらさら無かったし。昨日見るだけって決めてきたんだから。
とか思いながら、2.0GHz Core Duoという凄まじいクロック周波数を自分のpowerbookと比べては欲しいメーターが上がっておりました。多分10倍は早い。いや、言い過ぎか。でも、確実に5倍は早い。5時間かかる仕事が1時間で終わる事になる。時は金なりだ。そして「無い」とか言われたら余計に欲しくなるのが人の性だ。買わずして何が男や。←誰や。
でも、ないものはないので、しぶしぶアップルストアを後にして、帰りに日本橋で別の買い物があったのでついでにソフマップへ。
4FはMacと音楽の世界になっていて、そこにも一台づつ鎮座しておりました。
恍惚の目で黒Macを見ているとすぐさま店員が寄ってきて、今日発売されたばかりで今日はアップルストアでしか販売していないとの事。
「Macbookはもの凄い勢いで売れてるみたいですねー。特に黒はすごいですねー。」
はは〜ん、さてはこいつ買わそうとしてるなぁ。そうはいかんで。見るだけやで。
「今日急に出たばかりなので今まだ在庫はないんですけど、初回入荷分の予約は受け付けてますよー」
ふぅん。予約ねぇ。どうせ1ヶ月待ちかなんかやろ。
「遅くても来週には入るんじゃないですかねー」 
予約します。保険も入れとって。
という事で全額支払って予約完了。買っちゃいましたよ、ゆうこはん。
SMILY、占い師になったらどうや?

いや、でもホントにいいんですよ、これ。かっこかわゆい。
皆様一度アップルストア行って触ってみてごらん。
あ〜はよ入荷されんかなぁ..。

l_og_store003.jpg
posted by Maa at 06:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

あぁ、やっぱり出ましたね。。

黒いボディに白いリンゴがついたMacが遂に出てしまいましたよ。。発表だけで発売はまだ先と予想していたのに即売だとは。。これはやばいなぁ。。とりあえず見に行こう。で、今日は見るだけにしよう。うん。

mb_step1_hero_060516.jpg
posted by Maa at 05:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

購買欲

最近powerbookの調子がいまいち良くなく。今夜あたりに発表されるかもしれない新型のMacbook(旧名ibook)を即買してしまいそうな予感。最近のMacはインテルチップが載っていて、MacOSもWindowsも使えるのですよ。便利ですねぃ。結構値段も安いという噂だし、ibookや、他のノートパソコンを買おうかなと思ってた人はもうちょっと待ってみた方がいいかも。
あと、25日に発売のnewスーパーマリオブラザーズ。これは絶対買う。
posted by Maa at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

トノ

水槽に新しい仲間を入れました。名前はトノです。ヒメの相方だから。あと、プレコという種類のも一匹入れました。下に沈んだゴミを食べてキレイにしてくれるらしいから。名前はジイといいます。でもジイは下に沈んだゴミは無視して上に浮いてる餌を食べにきます。プレコ失格や。
それにしてもトノは長い糞をします。糞がトノを追いかけるようにして付いていくんだけど、トノも糞を追いかけてぐるぐる回ってたりします。 あほや。
話は変わりますが最近うちのジムで、ざこば師匠に激似の人をみつけて、笑けてウエイトトレーニングができやしません。一緒になってしまった時は見ないようにしていますが、それでも半笑いで腹筋したりしてます。周りがみたら気持ちわるいんやろな…。でも、ざこばのせいやねん。
ざこばのやつめ。

060513_0528〜0002.jpg
posted by Maa at 18:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

心と体。

先週から書いてみてる小説まがいのものですが、これが書けば書くほど曲を作るのと似ている事がわかってきました。節回しで聴く人の心を動かせるように、文にもそういうものがあるなぁとぼんやり感じながらタイピングしてました。
だいたい物語を書くという事からすればほとんど同じなわけです。小説は文字のみで物語を語る。僕らは音楽に乗せて5分で語る。その違いだけです。映画だって同じでしょう。まぁ、映画は文字も音楽も映像も使えてズルいなぁと思いますが。(笑)
Codeと題した事に特に意味はなく(いや、多少意味はあるけれど)、いわゆるプロットなんてのもウッスラとしか立てておらず。まぁ、遊びでやってますから。(登場人物からもわかるように)でも、勉強になるんですね。文章を考えるという事は。
普段メロディーに文字数を軽く縛られるわけですが、小説の場合その制限はなく、表現したい事、説明したい事、映したい景色、表情、心の動きなど、それらを表現するのに思うままに文字を使える。でも、逆にいえば音は使えないわけで、一長一短ではありますが。
あ、こんなことが話したいのではなかった。。

最近またスポーツジムに通っております。泳ぎ過ぎで肩をいわしてしまって少しお休みしていたんだけれど、完治しているようなので。
体を動かして、汗をかく。これだけの事で例えば心の中の何かが解決したりもします。それくらい心と体は繋がっているもんなんだろなぁと、たくさん泳いで汗をかいた後、ゲルマニウム風呂に浸かりホケ〜っとしながら思いました。
いい事なくて何にもする気が起きない人にこそ、運動をお勧めしたいっ。

あ、小説これからもWonder Wallファンの人にはおなじみの名前の(ような)人物が出てきますが、完全にフィクションですから。例えば「芳彦は陵平を突き落とした。」とかいう文があっても、驚かないように。嘘だから。うん。多分。
posted by Maa at 05:50| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

Code  -page2-

視線は膝を突き抜けて平行の彼方を向いていた。
そのまま数分だろうか。ぼやけた己の膝の向こうを見据えていると、一瞬数字が見えたような気がした。
なんだ…今のは。
数字だと理解するより先に意識に視界を引き戻されてしまったが、確かに数字だった。数字の羅列が浮遊していたようだった。
よほど疲れている。その自覚と共にソファから腰を上げ、隣室のベッドに寝転がり大きく息をついた。
明日は本社に出向して新しいプロジェクトのチーム初顔合わせだ。不景気の煽りを受けてか、近頃業績不振が数字に現れ始めた為、観点を変えた商品が必要との執行部決定。通常、商品の内容に店頭営業部が口を挟むことはあまりなく、淡々と商品を売り、問題があればレポートを本社 企画マーケティング部へファックスするくらいのものなのだが、新商品考案において、ニーズと商品内容の差というものを埋めるべく、全国の支店長数名が指名され直に商品企画会議に出席するというものだ。
全国に300を越える支店を抱えた大手旅行社JJSの支店長という肩書きを、芳彦は身の程に比しない重石だと思っていた。朝までに湊町支店の社員全員に実施した「お客様の声アンケート」をまとめなければならない。
まだ半分も終えずに仕事を持ち帰って来たので、すぐにでも体を起こし、ノートパソコンの前に座らねばならない事を、頭では理解している。
だが、そんな事よりも芳彦には準備しておかなければならない事があった。
荒井芳彦。28歳。
そう何度も呟く。初対面の人間がどうにも苦手なのだ。名前と年齢。そんな簡単な事が声にならない。
いや、声にならないどころではない。違う名前を口にしそうになるのである。一年ほど前からであろうか。念の為と病院に行ってはみたが、何の異常も見受けられないとの事だった。
去年の春、新人研修の支店長挨拶の席で、この手でホワイトボードに全く違う名前を書き付け、大きな声でそう名乗ったというのだ。社員達も新人社員達も唖然とこちらを凝視していた事は今でも鮮明に覚えているが、名乗った事は全く記憶になかった。ボードに書き付けた文字も他人の筆跡にしか見えなかった。それからというもの、自己紹介の際は、できるだけ第三者に紹介してもらう事にしていた。
三田信次。29歳。
今までに付き合いのある誰かかも知れないと、いろいろ思い出そうとはしてみたがそんな名前の知人は一人もいなかった。
一体誰なのか。そんな事が、なぜか決まって睡眠から覚めた時に気になるのである。
posted by Maa at 05:40| Comment(3) | TrackBack(0) | Code [不定期連載小説] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。